top of page
椿

和伝会(WS.エンタメ)チームの議事録

和伝チーム定例会のミーティング要約(2024.06.19)

<要点>

日本の文化業界の専門家を紹介するサイトを提案しました。参加者は月次の集まりを決め、第1土曜日の午後14時から第3土曜日の午後15時に集まることに合意しました。

<次のステップ>

江藤志富(あや): 8月の第1土曜日と第3土曜日に全員が集まれる日時を決める。

大村渓: プロフィール写真と肩書き/芸名を江藤志富(あや)に送る。

鈴木: 6月22日の交流会に参加し、リアルで他のメンバーと会う。

<要約>

文化業界の専門家を活用した社会貢献

日本の文化業界を活用して社会への貢献を図るというアイデアを提案しました。この業界の専門家を紹介するサイトを作成し、彼らのサービスを提供することを提案しました。また、この業界の専門家が社会への貢献を行うことを奨励するために、彼らのプロフィール写真と肩書きを提供することを提案しました。このアイデアについてのフィードバックを求め、サイトに参加するように彼らを奨励しました。

異なる時間帯に従う参加者のために、集まりの時間を第1土曜日の午後14時から第3土曜日の午後15時に変更することに合意しました

会議では、参加者たちが月次の集まりを決めました。最初は、月1日に集まることを提案しましたが、時間の問題がありました。その結果、第1土曜日の午後14時から第3土曜日の午後15時に集まることに合意しました。これにより、集まりの時間は異なる時間帯に従う参加者のために、より広範囲になります。

和伝チーム定例会のミーティング要約(2024.06.26)

<要約>

日本財団や福祉事業協会からホテルでの和文化イベントの依頼を受けた。

会員のプロフィールカタログを作成し、劇団和を立ち上げ、会員のスキルアップと商品化を進めることになった。

会員からの質問や要望に対応し、サポート体制を整備していく方針。

<次のステップ>

会員のプロフィールカタログを紙媒体で作成し、営業用資料として活用する。

劇団和伝の活動を通じて、ホテルなどでの定期的なライブイベントの開催を目指す。

会員の悩みや要望を収集し、適切なサポートを提供する。

和伝チーム定例会のミーティング要約(2024.07.05)

議事録動画:https://x.gd/hfRUC

bottom of page