自分で着物を着たい!どんな方法で何から始めたらいい?

最終更新: 4月3日

「着物に興味あるけど、何から始めたらいいのかわからない!」「なるべくお金をかけずに、手っ取り早く着られるようになりたい」と皆さん思いますよね。


ご多分にもれず、私もそうでした。現在 着付け・新日本舞踊のお教室をやっておりますが、6~7年前は この悩みを持った子育て中のママでした。私の失敗から皆さん学んでください。

目次

1- どんな方法で学ぶことができるのか?

   ※本で学ぶ  

   ※YouTubeで学ぶ  

   ※着付け教室で学ぶ


2- 良い着付け教室を探すコツ


3- まとめ


自分で着物を着るにはどんな方法で学ぶ?


1- 本で学ぶ

最初に近所の着付け教室をグーグル検索したのですが やっぱり高い感じがしたので、まず本屋へ行って”初心者・簡単“の文字を頼りに1冊の本を買ってきました。(その後2~3冊買いなおしましたが)


熟読後 頭は完璧!自分で言うのも何なんですけど器用なたちなので 数回本どおりにやればできると思ってました。


1冊目の失敗は本のサイズが小さかったので 本を下や椅子に置いて着付けを始めると写真が遠くて見えません(老眼!ヒェー)2~3冊目の本はサイズはいいのですが 3冊目を読み終えたときです。


3冊とも着付け方が違う!小物が違う!と着付け方は一つでないことに気づきました。これでは何冊買っても同じこと。そこで思ったのは、YouTubeで様々な着る着かたを見比べ始めました。


2- YouTubeで学ぶ

初心者・自分で着る・簡単”のキーワードを頼りに、2~3時間 たくさんの動画を見ました。ふと法則があることに気づきました。


長襦袢と着物の着付けと帯を結ぶ を分けてみるべし! 本でも動画でもざっくりですが2つに分かれます。長襦袢と着物の着付けはあまり違いがありません。


帯結びは“前結び”と“後ろ結び”の2つがあります。


私は老後(人生100歳!) 後ろに手がまわるだろうか?また後ろに目がないということは、頭で想像する能力と鏡を見て左右の違いを自分の頭が理解しながら手が動くだろうか?


とか考えると最初は前結びが良いのかもと思いました。が、この時点でもう一つの問題に気が付きました。


各動画で使っている小物・器具がいろいろあるのでどれを使ったらいいのだろう!ここで私の初心表明自分で着物を着る!安くて・簡単で・気軽に!!』


これを元に【一番少ない小物・器具で着る!】これを決意表明してぶれずに練習してみました。


自分独自の着付け方を模索しながら器用な私は、何度目かで着れるようになりましたが、まだまだ時間はかかりますし ぐずぐずな仕上がりでした。(少ない器具で着るのは上級者向きなのでした)


しかしここからぶれていくと 一からやり直すことになり 迷走してやめてしまう恐れがあるので、決意表明どおり“少ない器具・小物で着る!”のキーワードの動画を見ていた時!


ふと目をテレビに向けたら 「無料で着付け教えます❕」のCM

一度試してみるのもいいかも!タダだし!



3- 着付け教室で学ぶ

『タダをほど怖いものはない‼』とよく母が言っていた通りでした。


数度通ったのち、案の定、展示会場へ!挙句40万円の着物と帯セット買っちゃいました!決めたときはワクワクでしたがローン始まるとドヨドヨになりますね(苦笑)


だってまだ自分で綺麗に着れていないのですから。またまたどん底の中 40万の着物をいかせなければもったいない!の一念で ”無料体験・低料金“の着付け教室をググりました。


区の新聞に載っていた地元のの先生が2千円(区の施設を使うと家賃が安いのかも)で教えているところへも行ってみました。しかし自分の初心表明に合ったところは見つかりませんでした。


でも一番わかりやすく、時短は直接教えてもらうことでした。(これはこれで収穫です)


良い着付け教室を探すコツ


※物販をしない  

※特別な小物や器具を強制しない  

※補正をしない  

※料金が安い  

※先生が怖くない    

※資格などを強制しない  

※通い続けるモチベーションを提供してくれる


これに付きます。私は探しきれず(いつの間にかこんなお教室を作ってみたいと思っていました)おきらめきれず(40万の回収のため)YouTubeを見続けました。



ま と め

『自分で着物を着る』そして『お教室を作る』迄に至った 本当に最初の最初の入り口は、本を3冊買い、YouTubeを10時間以上みて(肩こりになり)、着付け教室で40万の着物・帯を買ってしまい、散々な始まりでした。


ですがこの過程があったため 着付け・新日本舞踊 根岸教室が生まれました。


※物販しない 

※最低限の小物で着る 

※補正をしない 

※料金が安い 

※楽しい 

※結果を出してくれる先生


現在 根岸教室の理念です。

まだまだ続きます。道のりは遠かった。


17回の閲覧

〒110-0003

東京都台東区根岸
2-20-14 1F

Tel: 03-5808-9984

© 2019 ShinNichibu Negishi

All Rights Reserved.

  • White Facebook Icon
  • White Instagram Icon