top of page

「子曰く」:論語からの教え(12)


お寺の鐘

論語の中に、「子曰く」という言葉があります。これは、孔子の言葉を引用したものであり、彼の教えや思想を伝えるものです。


その中で、「余力学問」という箇所があります。この教えは、江戸時代の寺子屋で教えられ、子供たちにとっての生き方の指針となりました。

この教えは、学問の重要性だけでなく、人としての道徳や振る舞いについても重要な示唆を与えています。




若者よ!親に孝行し、兄弟の間では、年長者をたて

この一節は、若者たちに向けられた教えです。その中で、親に孝行し、兄弟の間では年長者を敬うことが強調されています。

これは、家族や社会における人間関係を尊重し、礼儀正しく振る舞うことの重要性を伝えるものです。このような倫理観は、江戸時代の日本社会全体に根付いており、武士や庶民を問わず、人々の行動指針となっていました。




万事謹んで嘘をつくな。周囲の人々に親切に接し、優れた者に親しみ、その行いを見習え

この部分では、正直さや思いやり、そして優れた人物との交流の重要性が説かれています。嘘をつかず、人々に親切に接し、優れた人物の行動を学ぶことで、自己の品性を高めることができるとされています。


このような道徳的価値観は、日本の伝統的な教育や文化において重要な位置を占めており、武士道や仏教の教えとも一致しています。




余計な理屈は抜きにして人としてなすべき行為を体で覚えよう

最後の部分では、余計な理屈を捨て、実践を通じて人としての行動を身につけることの重要性が強調されています。

学問や理論は重要ですが、それらが実践に結びつかなければ意味がありません。


人としての品性や行動を養うには、日常生活の中での振る舞いや行動が重要であり、それを通じて真の学びが生まれるのです。




まとめ

論語の教えは、学問と道徳が不可分であることを示しています。

学問を通じて道徳的な価値観を学び、それを実践することで、人間としての成長と向上が実現されます。


寺子屋で教えられたこの教えは、江戸時代の日本社会において人々の行動指針となり、現代においてもその普遍的な価値を失うことはありません。



閲覧数:4回0件のコメント

Comments


bottom of page