top of page
274842179_1358802651260469_4170961268858645655_n (1) (4).png

エンターテインメントチーム

次回以降にサブタイトルを決める!

メンバー※順不同、敬称略)

★定例会スケジュールを決める 毎週金曜日10-11
議題1「プロフィールサイトtoB向け」を事務局に送る ※参考ページ:https://www.shinnichibu.com/eto-shitomi
議題2「2024年の和伝祭」9月と11月に向けて チームのコラボ商品を企画提案
議題3「補助金」について問題点を挙げる​ ※補助金ページ:
https://www.shinnichibu.com/hojokin-seminar

宣伝プロフィールサイトtoB向けセミナー(2時間)>
講義①プロフィール写真・肩書・ストーリー
講義②コンセプト(理念/概念)・ターゲット・主な事業内容​・セールスポイント(他社との差別化)
講義③実績・商品​・サービス
講義④動画・チラシ・写真(※ビジュアル媒体は必須
講義⑤Web、SNSツール➡Facebook・YouTube・Instagramなど
講義⑥住所(店舗)・ネット通販・お問い合わせ先
講義⑦名刺
※講義に使用する参考ページ:
https://www.shinnichibu.com/eto-shitomi

5月17日(金)10‐11

本日初参加 大村渓先生
あや先生
今野先生
島崎先生
羽先生
小山

▫️1.自己紹介 (1分)
 今後、自己紹介のポイント
 自身の悩みはチームの悩みでもあり
 お互いの悩みを共有し、売り込み  
 方、集客など全員で習得していく。

▫️2.エンタメ部 今後の活動
   神社仏閣WS  毎月
   六本木ルクシエWS   2回/月
   9月マルシェ
 11月和伝祭 銀座six 寸劇

▫️3.六本木ルクシエさん
6月:小山「Air&うちわ書道」

HP.集客.案内チラシなど全てルクシエさんで用意して頂ける。
参加費5000円で1〜2時間で満足感を得て頂くには、一芸では難しいので
プロフィール、カリキュラムを検討する。

🌟各WS カリキュラムの作り込みをお願いします。


▫️4.仏閣WS
戸塚 海蔵院さん  小山

5月より毎月 開催
6月 あや先生とコラボ 
   6月21日予定(未定)
   浴衣着付け 着物モテ所作
   盆踊りを1曲踊る事で500位の       
   所作が身につく


5.神社WS
高橋先生 瀬田神社さん

6月 露木先生
7月 小山 
   (大祓祝詞書き うちわ書)
8月 あや先生 
   浴衣着付け 
   着物モテ所作 盆踊り
9月 紺野先生
10月~2月:ワークショップ開催無し
3月以降の担当者未定


▫️ 11月 和伝祭

劇団「和伝」

【大奥】編
音楽10分
音楽に関して
JASRAC 著作権を確認のこと

1-奥の園 :イントロ
2:華の乱 :総ぞろえ
3:火種  :舞
4:蝶のワルツ:宴
5:非道 :太鼓
6:炎上 :語りまたは〆


なるべく沢山の方々に出演頂く。

華の乱
色無地の着物に文庫の帯の上に打掛

火種
黒留袖

蝶のワルツ 
琴、華道、書家は短冊に和歌を書くなど群れになり出演

非道 太鼓演奏
などのイメージ。

羽先生に大奥で脚本を書いて頂く。

5月24日(金)9‐10

お知らせ
6月22日(土)
和伝会 ビジネス交流会を開催
毎月開催予定。

①海蔵院 ワークショップの報告
コラボすることにより、新たな発見を見出せた。
1 +1 = 3以上の相乗効果あり。
普段、筆が止まってしまう方が、
太鼓の力により、戸惑うことなく、
書くことができた。
参加費5000円
海蔵院さまへのお礼5000円
先生への謝礼10000円

②梅屋敷 新たなワークショップの開催に向けて。
コンノ先生が交渉中。
継続的に教室が開催できるように、
色々な場所でワークショップの展開を検討。

③外国人のための、ワークショップでの英会話の必要性について。
外国人が参加の場合は、
英語のプリントを用意する等の工夫。
また、英語ができる先生に参加していただく。
英会話ができる先生
シマザキ先生、コンノ先生、羽先生

神社仏閣ワークショップ予定

海蔵院
6月:小山先生+あや先生
7月:小山先生+露木先生
8月:小山先生+高橋先生(巫女舞)
9月:小山先生+紺野
10月:調整
11月:調整

瀬田玉川神社
7月小山先生
8月 無し エアコンが無いため
9月あや先生

〇月〇日(金)10-11

4月12日(金)10‐11

<4月22日に決めること>
〇宣伝プロフィールセミナーの開催日を決める
〇紺野先生の和伝会体験をお教室で開催日を決める

①六本木WS
施設側的に和太鼓はNGのため主旨を変更
和太鼓が騒音と判断されることへの意見、情報交換、和太鼓をプラスイメージへもっていくためにはどうするか。

②温泉施設

③和伝祭フェス、劇場版
リアルMTまでにそれぞれ企画案、イメージを膨らませておく。

④小山先生より
戸塚の海蔵院でのパフォーマンスご紹介
リアルMTで打ち合わせ予定

⑤紺野先生より
外国人コミュニティのお話
リアルMTにてお話しお願いします!

☆次回は4月22日(月)リアルMT決定!
14:30~17:30
あや先生の事務所にて。

4月26日(金)10‐11

11/30 劇場版和伝祭 和太鼓OK

①六本木ルクリエ ワークショップ
「和文化をちゃんと楽しめる国際交流」

5/12・5/26  水引き髪飾り
9/7・9/8 和伝祭フェスで盆踊りを踊ることが目標

参加者の中には外国人と結婚した日本人のお母さん、もいるそう。

ワークショップスキルを磨く場。
終了後は参加者に軽いアンケートを取る。

アシスタントとして、ワークショップの現場に行くのはOK。
自分が行う前の下見に。

ワークショップは大使館などで告知してくださるとのこと。

②補助金セミナー

6回目までスケジュールが出ている。
申請の代行を和伝会の方でして頂ける。

③高谷先生のアイデアによるパフォーマンス

伊勢物語の「筒井筒」
ストーリー仕立てのパフォーマンス

11/30の劇場版で上演出来るように。
羽先生が台本を作ってくださるとのこと。

6月から配役を決めて作っていく。

コメディとドラマチックを上手く織り交ぜられるように。
「筒井筒」はどちらかというとコメディに近い話、のよう。

④和伝祭

☆劇場版 エンタメ「和伝隊」

☆和伝祭フェス←具体的なスケジュールは次回、話し合う。

盆踊りの中心で太鼓+体験会
その間にパフォーマンスを行う。

1日目・2日目、ザックリとで良いから決めてみたい。

⑤神社・仏閣でワークショップが出来たら良いな企画

ワークショップで数千円のお布施

地域の方に喜んで頂けるように。

小山先生ゆかりの平塚のお寺、高橋先生の瀬田玉川神社にて。

年間この人数でローテーションしながら、コラボでも行っていけたら。

⑥温泉施設「花和楽(はわら)の湯」

客層は大人が中心

20畳くらいのお座敷(ゴロゴロ出来る場所)
暖炉付きのカフェ
ワークショップが出来るスペース

エンタメの我々はどう打ち出していくか?
・クーポンを発行してもらう

⑦和伝祭フェスの「書道ブース」

次回の定例MT:5月10日(金)9時~10時

5月10日(金)10-11

1、六本木ルクシエ
5月:水引き
6月:小山先生の「うちわに書道」

*ワークショップに5,000円払っても参加したいと思わせる工夫が必要
*講師は、作品の写真、プロフィールなど必須

2、小山先生 ご紹介の戸塚 海藏院 
ワークショップは1年間継続したい。
コンスタントに集客必要
コラボなどすることにより、集客も発生し金額も取れる
カリキュラムを大まかに先に決め、行動しながら変更を重ねていく。
お互いコミュニケーションをとりながら日にちなど決めていく

5月:小山先生+羽先生
6月:小山先生+あや先生
7月:小山先生+露木先生
8月:小山先生+高橋先生(巫女舞)
9月:小山先生+紺野
10月:小山先生+吉田先生(華道)
11月:調整
12月21日:毎年恒例 早朝6:30~7:00頃に山門から朝日が入る。
これに合わせて行う:小山先生+羽先生

 

3、
①高橋先生の瀬田玉川神社
高橋先生にスケジュール表(日程)を組んでいただく。
6月:高橋先生+露木先生
7月:高橋先生+露木先生
8月:
9月:
10月~2月:ワークショップ開催無し
3月:
4月::
5月:
②巫女舞ワークショップは月1回
 目的は?集客と檀家さんを増やす。
 普段、神社に来ない人を増やす工夫⇒御朱印、ワークショップ、イベントなど
 イベントの重要性
 場所代:都度状況によってお支払いする。

 

4、11月 和伝祭
羽先生が台本制作にあたり、本を読み込み中
内容がコメディタッチのため、素人がやるには難しい。
日数が少ない
⇒表現を考える? ストーリーを理解する必要も有る。
ナレーターが必要? 事前にストーリーをパンフレットで説明が必要?
パフォーマンスをメインにした方が舞台は華やか。
曲、唄を入れて、そこに音楽やパフォーマンスで表現をするのが良いのではないか。
能楽堂はスポット照明は固定。花道が有るので利用する。
⇒「かぐや姫」は誰もが知っているストーリーで、華やかさも有るのでは?
かぐや姫の曲はどんなものが有るか?

 

5、来週のテーマ
9月の和伝祭フェス
各自、どんなことをするか?考えておく。

3月15日(金)10‐11

欠席者
議題1プロフィール
議題2和伝祭9月7-8、11月 
​イベント内容を考える

*銀座SIXの資料を用意→SNS集客
*リアル交流会日程決める
​*ワークシショップ仕事の依頼有各自対応するためには、プロフィールサイトを作り込む!

 

4月5日(金)9‐10

※週例MTでのマナー
 ➡毎回行われる事は個々に保存!
①六本木WS(内容確認、今後の展開)
②温泉施設イベント
③和伝祭フェス、和伝祭劇場版
それぞれ 個々に演奏を行う。
2種類以上の動画が撮れるように演目を準備
◆和伝祭フェス
 ➡野外の良さ、アットホームさ
◆劇場版
 ➡自分の一番のパフォーマンス
《プログラム例》
・ワークショップスタイル
・生徒さんとコラボ
・屋外でのエンタメ
・チームでの商品
④22日のリアルMTまでに!
パターン、イメージを固めておく!
☆来週(12日)から通例MT時間変更❗️
 ➡「9:00~10:00」
★議事録:https://x.gd/3Kq45

おがわ町温泉施設エンタメ案件

「おがわ町温泉施設」

​メンバー:葉香さん、てったさん、吉田さん

◉花和楽(かわら)の湯HP https://kawaranoyu.jp/ogawa/動画 https://youtu.be/-CW1SEMf6aw?si=ZpwnZYICRnYC_1wF

 

​・物販は半年間ぐらいの長いスパン

→リスクが高い→買い上げが一番好ましいが・・・

→または売上の何%を支払ってもらう

 

システムの詳細を確認​

・取引先様の意向に合った販売アイテムの選定が必要

・やるのなら週末のみの単発物販、エンタメ、ワークショップで参加するのがよさそう(週末の来場者が多い)

・おみくじ工房さんの商品
・温泉に来た人が占いをするのか?占いは1日単発よりも、何日間占いの先生が来ていますという方が良いのかも

 

開催:GW中参加可能:恭子先生​

(お手伝いで行くのは全然OK)菜奈実先生

3/8(金) 
定例
zoomミーティング

欠席者:島崎​ 新出席:高谷 
 
題1「」
1⃣自己紹介
2⃣プロフィールサイトを作成するための各自商品、サービスのプレゼン
→1分プレゼン資料(参考:プロフィール
→2枚以上の事業紹介資料
※参考ページ:https://www.shinnichibu.com/eto-shitomi
3⃣補助金::https://www.shinnichibu.com/hojokin-seminar
​4⃣各自商品サービスが二つのイベントへの出店イメージの発表
5⃣コラボレーション・新商品・チームでのサービスを考える
(継続してブラッシュアップ)
 
議題2「会員システム・サポートについて」
1⃣紹介、入会などの流れを考える
2⃣カテゴリー(当チーム)のシステムなどを考える

議題3「その他」

​「やることリスト」

 自己紹介(3名)

​ ①露木:プロフィール1枚10分

​ ②小山:スライド10分強

 <問題点> 

 画面共有時の動画音声がでなかった

 <解決方法>

 画面共有時に「サウンドを共有」のボタンを押す

 ③羽:iPadでのZoom操作の基本を要確認

(iPad画面共有:https://x.gd/Wewdz

​ ④紺野、島崎、羽:次回プレゼン

 ◆まとめ

 Zoomの使い方、プレゼン資料のブラッシュアップの勉強会は続ける

 ◆次回(3月15日金曜日10~11時)

 30分:プレゼン

 30分:和伝祭フェスティバルのチームでのエンタメ企画を考える

スクリーンショット 2024-03-08 10.35.22.png

「決定リスト」

*定例ミーティング週1回

毎週金曜日、10~11時@Zoom

参加 Zoom ミーティング 
https://us02web.zoom.us/j/86305902882?pwd=TUNSRDA0dG01RHE0UXFxUjg1V01EQT09 
ミーティング ID: 863 0590 2882 
パスコード: 601910

2/26(水) 
定例
zoomミーティング

欠席者 
 
題1「」
1⃣自己紹介
2⃣プロフィールサイトを作成するための各自商品、サービスのプレゼン
→1分プレゼン資料(参考:プロフィール
→2枚以上の事業紹介資料
※参考ページ:https://www.shinnichibu.com/eto-shitomi
3⃣補助金::https://www.shinnichibu.com/hojokin-seminar
​4⃣各自商品サービスが二つのイベントへの出店イメージの発表
5⃣コラボレーション・新商品・チームでのサービスを考える
(継続してブラッシュアップ)
 
議題2「会員システム・サポートについて」
1⃣紹介、入会などの流れを考える
2⃣カテゴリー(当チーム)のシステムなどを考える

議題3「その他」

​「やることリスト」

 自己紹介(4名)

​「日本文化啓蒙の思いが強い!」

​「和伝会への期待は?」

​「新商品・コラボ」作成」

​「プレゼン資料の作成勉強会①」

​①「プロフィール1枚作成参考:文」

②プロフィール写真

​③SNSの情報整理

「決定リスト」

*定例ミーティング週1回

日時:平日可能・10-11、金曜

​次回3/8金曜日10-11

*次回のタイトル「プロフィールの原案作成」

*次回の宿題

​・

「各自プレゼンつくる?」

​「1回のセッションすることで理解できる?」

9月マルシェのレイアウト

3.png
4.png
最終レイアウト.png

テントと様子

ten_002t01.jpg
Snapshot_11.JPG
bottom of page